POB|思い出のトランザクションhashをNFTアートに

POB(Proof of beauty)は、トランザクションhashからNFTアートを自動生成してくれるサービス。

  • 思い出として残しておきたいトランザクション
  • ハッキングなどのインパクトの大きなイベント
  • DeFiやNFTのスマートコントラクトがデプロイされたトランザクション

こういったトランザクションが既にNFT化されています。

トランザクションhashを探し、どんなアートになるかみてみて気に入ったら発行する。このトランザクションhash探しが結構楽しいです。

本記事では、POBの仕組みや使い方を紹介していきます。

POBの仕組み

まず、トランザクションhashとは、トランザクションのIDのようなものです。etherscanから確認することができます。

POBはトランザクションhashを入力すると、情報を読み取って、アートを自動生成します。関連する情報は以下の通り。

  • gas limit
  • gas price
  • nonce
  • value
  • hash内の0の数

特にhash内の0の数は、アートの色の多さ(pallets)に関係してくるので、0が多いトランザクションhashを探してNFTを生成するユーザーもいます。

POBでNFTを発行するためには、コストがかかります。そのコストは、NFTが発行されるたびに0.001ETHずつ上昇していきます。

発行したNFTには、名前や説明をつけることができます。自分の思い出や、クリプト界隈での大きなイベントをアートとして残すことができます。

同じトランザクションhashから複数のNFTを発行することはできません。

現在は、Genesisシーズンで2555枚が発行上限となっています。Genesisが終わると、シーズンは切り替わっていく予定だそうです。

POBでNFTアートを発行するやり方

POBにアクセスして、画面右上の検索画面にトランザクションhashを入力すると、アートが自動生成されます。

気に入ったアートであれば、右下のボタンを押して発行コストを支払うことでNFTが生成されます。

ボタンが表示されず、「OWNED by XXX」となっている場合には、既にそのトランザクションhashを使ってNFTが発行されているということ。どうしても欲しければOpenSeaでオファーを出してみるのもいいでしょう。

自分のお気に入りのプロジェクトの最初のトランザクションhashや、大きなイベントと関連したトランザクションhashを探してみてください。意外と発行されているので、悔しくてついついハマってしまいます。

まとめ

POBは、トランザクションhashからNFTを発行するプロジェクトです。

NFTとしてアートにしてみたいトランザクションが思い当たる方は、一度トライしてみてはいかがでしょう。

ちなみに、私はマイクリファンとして、MCHCの最初のトランザクションをPOBでNFTアートにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です