【暫定版】MaticExplorer|MaticのNFTを送る方法

Maticのインフラはまだ十分に整っておらず、OpenSeaのようにNFTの売買や送付をやりにくいという状況です。(2021年3月1日現在)

そこで、暫定的にMaticのNFTを送付する方法を紹介します。

マイサガなどのアセットを送る際、信頼できる方を相手にした取引であれば活用することができます。

本記事では、暫定版としてMaticExplorerを使った送付方法を紹介します。

MaticExplorerを使ってNFTを送る

MaticExplorer

マイサガの場合は、以下のリンクにアクセスしてください。

https://explorer-mainnet.maticvigil.com/address/0xb862AeC93F0169249935f82FD98E6a494F53C287/write-contract

他のNFTは、Maticアドレス部分(「address/※/write-contract」の※部分をそのNFTのコントラクトアドレスに変えてアクセス。

「29. transferFrom」に入力
  • from:自分のアドレス
  • to:送付先のアドレス
  • tokenID:送付したいNFTのID

「29. transferFrom」に上記の必要事項を入力します。

マイサガの場合、トークンIDは、「コレクション」などから確認することができます。

Write

必要事項を入力し、METAMASKを起動し、Matic mainnetに接続した状態で「Write」をクリックすると、トランザクション承認画面が立ち上がります。

Maticでgas代を支払えば送付完了です。

Ethereum上で送付した時と同じように、トランザクションを確認してみましょう。

まとめ

OpenSeaなどがNFTの送付に対応するまでの暫定版として、MaticExplorerを使ったNFTの送付方法を紹介しました。

STEP3でMatic mainnetの接続方法がわからない方は、「Matic(Polygon)の始め方|METAMASKの設定・入金・Swap方法まとめ」を参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です