Fractional|NFTを分散保有するためのプロトコル

Fractionalは、NFT所有者が「トークン化されたNFTの部分所有権(ERC-20)」を作成できるプロトコルです。

Crypto Punksなどの高級アセットは、購入するハードルがとても高いですが、こういった部分所有権化されたトークンを使うことによって、擬似的にNFTを部分的に保有することが可能になります。

また、ERC-20として取引されるようになることによって、NFTのインデックス(指標価格)として機能するようにもなります。

本記事では、Fractionalの概要についてまとめていきます。

Fractionalの概要

部分所有権トークンの発行

Fractionalでは、NFTのホルダーが部分所有権のERC-20トークンを発行することができます。

発行の流れとしては、

  1. ホルダーがNFT Vault(NFTを保管する入れ物のようなもの)を作成する。
  2. NFT VaultにNFTを預ける。
  3. 部分所有権トークンが発行される。

発行されたトークンは、友人に送ったり、Uniswapに入れたりと、ホルダーが自由に使うことができます。

部分所有権トークンの機能

部分所有権トークンは、発行元のNFT Vaultのガバナンストークンとしても機能します。

  • NFT Vaultに入っているNFTのオークション最低価格を決める。
  • NFT売却時における、売却益の配分。

NFTを部分所有権トークンに分割する意味

高級NFTを売却したくなった場合、なかなか買い手がつかないケースが多々あります。

Fractionalで分割し、部分所有権トークンを販売することによって、部分的にNFTの売却をすることができます。購入する側からしても、分割されたことによって金額的なハードルは下がりますから、実質的にはNFTの流動性が上がることが期待されます。

また、部分的にでも販売されていくことによって、そのトークンの市場価格を通じて、NFT自体のプライスファインダーとして機能させることができます。

まとめ

FractionalはNFTの部分的所有権トークンを発行するプロトコルです。

高級アセットのインデックスとしての働きや、NFTの流動性向上に寄与していくことが期待できます。

そのほかにもNFTインデックス系を紹介していますので、あわせて読んでみてください。

NFTの流動性が上がり、取引が快適になるといいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です