Bondly|polkadot系DEX・NFTマーケット

2021年に入ってから、Polkadot系のプロジェクトが賑わってきています。Bondlyもその一つで、DEXやNFTマーケットのプロジェクトです。

Polkadot系のNFTプロジェクトは、実際のゲームなどはほとんど出ていないのですが、Airdropなどのインセンティブが強く、マーケットでは高値で取引される傾向にあります。NFTを組み合わせたDeFiに興味のある方もチェックしておくといいでしょう。

Bondlyは様々なプロジェクトとのコラボレーションも多く実施してきており、Polkadot系のNFTに触れるのであれば、見かける機会も増えてくると思います。

本記事では、Bondlyについての簡単な解説をまとめます。

Bondlyの概要

Bondlyでは、主に次の3つのプロジェクトが進んでいますが、NFT関連で使うのは主にマーケットだけです。

  • BONDMarket
  • BONDSwap
  • BONDDEX

BONDMarket

BondlyMarketでは、BondlyがコラボしているNFTなどを購入することができます。最近行われたのは、PolkaPetというトレーディングカードゲームのNFT販売ですが、毎回完売するほどの人気を見せています。

ゲームを楽しみにしているユーザーもいるとは思いますが、多くはNFT保有によるエアドロップなどを期待しての購入だと予想されます。

過去に販売されたNFTは、OpenSeaで確認することができます。

BONDSwap(BSWAP)

BondlySwapは、Polkadotを利用したクロスチェーンの暗号資産取引プロトコルです。

例えば、アリスが自分のBTCをボブのETHと交換したい場合、アリスはBTCをBSWAPによって指定されたアドレスに送ります。ボブは、自分のETHをBSWAPのスマートコントラクトに送ります。

その後、BSWAPは指定されたアドレスでビットコインを受け取ったことを確認し、BSWAPコントラクトに保持されているETHをアリスのETHウォレットに送り、ボブも同様にBTCを受け取ります。

NFT購入目的での利用であれば、BSWAPを使う必要はありません。

BONDDEX

BONDDEXはBONDSwapのアーキテクチャを利用した分散型取引所(DEX)です。

BONDSwapと同じように、BTC(Wrapなどされていない生のBTC)とETHを交換することができます。

こちらもNFT購入目的であれば使うことはありません。

まとめ

BondlyはPolkadot系のマーケット・DEXです。Polkadot系のプロジェクトと多数コラボしており、強めのインセンティブが付与されたNFTが高値で販売されています。

Polkadot系のNFTに興味のある方は、今度の動向もチェックしてみるといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です