ChargedParticles|ERC-20をチャージできるNFTのマーケットプレイス

ChargedPariclesでは、発行したNFTにERC-20をチャージすることができます。

Matic上のブロックチェーンゲームであるマイサガでは、ゲームのプレイによってMATICがチャージされたNFTが発行されますが、それのアート版というイメージです。

DAIなどのステーブルコインをチャージして販売すれば、最低でもその金額の裏付けのあるNFTにすることができます。

ChargedParticlesとは

ChargedParticlesでは、NFTの発行やNFTへのERC-20のチャージを行うことができます。また、それらのNFTの販売が行われています。

現状はかなりマイナーなプロジェクトなので、発行されたNFTもアーティストも少ないですが、ERC-20をチャージすることでNFTの価値の裏付けを担保するというコンセプトが面白いです。

ERC-20のチャージは、誰でもできるので、アートへの投げ銭的な用途としても使えますし、新しいプロジェクトのトークンをチャージしてマーケティングNFTとしても使うことができます。

NFTとERC-20が組み合わさることで、NFTの可能性がひとつ広がるなと。

チャージしたERC-20はAaveに貸し出される

チャージしたERC-20がAaveのサポートする通貨であった場合には、自動的にAaveへ貸し出しされます。

NFT保有者はチャージされたERC-20の利息を受け取るアドレスを決めることができます。自分自身でもいいですし、友人や寄付でもいいです。

クリエイターに設定すれば、自分がそのアートを保有し続けること自体がクリエイターを応援することに繋がります。面白い仕組みです。

ChargedParticlesの使い方

NFTを発行する

NFTの発行は、高いgas代を支払うことを除けばとても簡単。

mintのページから、必要な情報や画像データなどをアップロードして、各種トランザクションを通していくだけです。

NFTにERC-20をチャージする

マーケットに並んでいるNFTや自分の保有しているNFTには、ERC-20をチャージすることができます。すでにチャージされているNFTには、赤い稲妻のマークがついています。

チャージする場合には、NFT画面の「Enegize」からおこないます。

確認画面には、レンディング先のプロトコルと利率(APY)が表示されています。Approveとdepositのトランザクションを通せばチャージ完了です。

NFTを購入する

NFTの購入は他のマーケットプレイスと同様です。

並んでいるNFTを選び、「Purchase」をクリックし、トランザクションを通すだけです。

まとめ

ChargedParticlesは、NFTにERC-20をチャージすることができるNFT発行&マケプレプラットフォームです。

ERC-20をチャージできるというだけでも特徴的なのに、チャージしたERC-20が自動的にレンディングプロトコルの貸し出されて、利息を得ることができるというDeFiとNFTとアートが合体したプロジェクトです。

今後のユースケース拡大が楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です